2010年に法律が改正され、専業主婦がキャッシングをすることが難しくなりました。しかし、いくつかある条件をクリアすればキャッシングは不可能ではありません。
万が一、急な出費でどうしてもお金が必要になった場合のために、専業主婦でも利用できるローンやその条件について紹介します。

専業主婦がキャッシングするには

貸金業法の改正により、2010年から「総量規制」というものが適用され始めました。これは年収の3分の1までしか貸付できないというもの。これにより、大手消費者金融は収入がない人からの申込みは断るようになりました。
では、専業主婦には借り入れができないのかというと、そうではありません。主婦が借り入れする方法は2つあります。

配偶者貸付

1つ目は「配偶者貸付」です。配偶者貸付とは、夫婦であることを証明できれば、夫と妻の年収を合算した金額の3分の1以下まで借り入れできるというものです。

妻に収入がなかったとしても、夫の年収が600万円であればその3分の1、200万円まで借り入れできます。ただ、配偶者貸付をしている業者は少なく、通常の借り入れに比べて必要な書類が多いです。
必要な書類は以下の通りです。

(一例)
・妻の本人確認書類
・夫婦であることを証明する書類(住民票、戸籍妙本など)
・夫の同意書
・夫の収入を証明する書類(所得証明書、源泉徴収票など)

通常の貸付に比べて必要書類が多いことで業務量が増えるため、業者にとっても手間なので配偶者貸付をしているところが少ないのです。

銀行ローン

夫に安定した収入があれば、銀行ローンという方法が選択できます。総量規制は貸金業者を対象としたものですので、銀行ローンは総量規制の適用外となります。

ですが、やはり本人に収入がないと借り入れできないことがほとんどです。銀行ローンでも、夫に安定した収入があることが最低条件です。

安定した収入がある場合

パートやアルバイトでも、安定した収入があれば消費者金融でも銀行でも、審査に通るかは別ですが申込みが可能です。ただ、消費者金融の場合は総量規制が適用されますので限度額は低くなるでしょう。