銀行カードローンでも消費者金融でも、申し込みをすると必ず審査が行われます。この審査に通過しなければ、カードローンの利用はできません。

一般的には、銀行カードローンに比べると、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。
消費者金融の審査が甘いという訳ではありませんが、銀行よりも審査基準が低く設定されているため、銀行カードローンの審査に落ちてしまった人でも消費者金融の審査に通る可能性があります。

カードローンごとに審査基準は異なり、審査に落ちてしまう理由も人によって様々です。
明確な審査基準は明らかにされていないため、「なぜ落ちてしまったのか」を正確に知る術はありません。

しかし、どこのカードローンに申し込んでも落ちてしまう、何度申し込んでも駄目、という場合、原因はある程度絞ることができます。

主な理由

審査に落ちてしまう主な理由として考えられるのは以下の3つです。

・個人信用情報に問題がある
・借入件数が多い
・収入が不安定、もしくは極端に低い

信用情報の問題とは主に、債務整理や長期の延滞などの記録を指します。
「信用情報に傷がある」、「ブラックリスト」などと呼ばれることもありますが、正式には事故情報・異動情報と呼ばれます。
こうした事故や異動の情報がある場合、審査に通過するのはまず不可能です。

申込先以外に、他社からの借入件数が多い場合も審査に落ちる原因になります。
これといった件数が決まっている訳ではありませんが、大手の場合、5件を超えると審査に落ちてしまいやすくなります。

収入については、金額の大小よりも安定性が重視される傾向にあります。今の仕事に就いて間もない場合は、勤続期間を伸ばすことで評価が上る可能性があります。

個人信用情報とは

ローンやクレジットカードの契約などについての情報です。
借り入れや返済の状況の他に、申し込みの情報や信用情報を照会した記録も残されています。
債務整理や自己破産をしていた場合、信用情報にその旨が記載されます。

携帯電話の分割払いなども立派なローン契約であるため、信用情報の対象となります。

カードローンの申し込みも信用情報に残るため、短期間にいくつも申し込むと、その記録が残ってしまいます。申し込みが複数あると「それだけお金に困っている」、「他の会社の審査に落ちている」とみなされてしまい、審査に落ちやすくなってしまいます。

信用情報に情報が残される期間は内容ごとに決まっています。
申し込みや照会についての情報であれば半年、長期延滞については延滞解消後1~5年です。債務整理や代理弁済については5~10年の間信用情報に記録が残ります。

信用情報機関

日本にはいくつかの信用情報機関がありますが、カードローン申込時に照会先となるのはCICやJICCなどの信用情報機関です。
どの信用情報機関を利用するかは会社によって異なり、また、信用情報機関によって情報の保存期間が異なります。例えばCICにある信用情報には傷があり、JICCにはなかった場合、JICCを使用しているカードローンであれば審査に通過できる可能性が高まります。

信用情報は自分でも数千円程度の費用で開示請求ができます。

●CICの信用情報開示報告書の見方
報告書にはローンの契約情報の他、電話番号や住所、勤務先などが記載されています。信用情報は登録先の会社ごとにまとめられています。

注目すべきなのは、返済状況と入金状況についての部分です。

返済状況に「異動」とあった場合、61日以上、もしくは3ヶ月以上の延滞や、代理返済、破産手続きがあったということが分かります。異動があると、審査通過は難しいです。

入金状況では、直近の入金状況について詳しく確認できます。
請求があったかどうか、入金に遅れや不足がないかなどが人目で分かるようになっています。異動の情報がなくても、入金状況が良くない場合、審査に落ちてしまうことがあります。

●JICCの信用状記録開示書の見方
JICCの信用状記録開示書は、複数の会社の登録内容がまとめられています。

CICの場合と同じく、異動情報の有無が人目で分かるようになっています。延滞や弁済、債務整理など異動の詳細についても知ることができます。

他社からの借入件数と審査

他社からの借入件数が多い場合、審査に通過しにくくなります。

他社からの借り入れをチェックする場合、借り入れの金額の大きさよりも、数の方が問題となります。
一つの会社から大きな金額が借りられるということは、それだけ信用があるということでもあります。反対に、一つの会社から借りられる金額が少なく、仕方なく複数社にまたがって借り入れを行っている場合、信用度は低くなります。

同じ100万円の借金でも、1社から100万円借りているのと、40万・30万・30万と分割して借りているのとでは全く違います。

他社からの借り入れがあると絶対に審査に通らないという訳ではありません。はっきりとした基準は明らかにされていませんが、2~3社であれば問題なく、5社を超えると難しいと言われています。

すでに他社からの借り入れがある場合は、借り入れをまとめた方が審査に通りやすくなります。

年収と審査

銀行カードローンでは、一定の年収を利用条件としているものがありあす。
しかし、消費者金融では年収を条件としているものは稀です。

ただし、年収が全く審査に関係ない訳ではありません。年収はスコアリングに影響します。ボーターとなりやすいのは年収200万円です。年収200万円以上と200万円未満では審査の通過しやすさが異なります。
年齢と年収の関係もスコアリングに影響します。年収100万円の20歳と同じ年収100万円の30歳となら、前者の方がスコアは高いです。

年収が低くても、限度額が低ければ審査に通過できる可能性があります。
特に消費者金融では継続的に返済できることが重視されるため、多少少なくても金額が安定していれば審査には通りやすくなります。

また、消費者金融の場合は総量規制に気をつける必要があります。
総量規制により、年収の3分の1までしか融資ができないため、年収が低い場合はどうしても限度額も低くなってしまいます。

審査に落ちてしまったら

審査の基準は会社ごと、カードローンごとに様々です。
1社落ちてしまったからと言って、すぐに諦める必要はありません。他のカードローンであれば通過できる可能性は十分にあります。

ただ、申し込みの度に信用情報にはその記録が残ってしまいます。あまり申し込みを短期間のうちに重ねると、それだけで審査に落ちる原因になってしまいます。

審査に落ちてしまった場合は、その理由を推測してみたり、気になる場合は信用情報の開示を行ってみたりなどの対策をすることが大切です。