アルバイトや派遣といった雇用形態で働いている人は、キャッシングの審査において正社員よりは不利な立場にあります。
収入の安定性が正社員に比べて劣るためです。
しかし、バイトや派遣だからといってキャッシングの利用が不可能なわけではありません。
一定の条件を満たせば利用で切る可能性も十分に考えられます。
派遣やバイトで働いていても、キャッシングの必要を感じているのであれば、あきらめずに審査にチャレンジしてみましょう。

審査にチャレンジする際、通過する確率を上げるためのポイントをいくつか確認します。
まず、何とかしてお金を借りようとして多数の業者に審査をしてもらいすぎないことが大切です。
大量に課せば貸すほど、消費者金融会社は貸し倒れのリスクを懸念して審査を厳しくしてしまうので、バイトや派遣にも貸す可能性がある消費者金融のうち、大手であるとか、インターネットでの手続きが便利などといった条件を考えながら1~2社程度に絞り込んで申し込みをしましょう。
最近では、インターネットを使った申し込みを認めている消費者金融もあるので、審査にかかる時間も店頭申し込みが中心だった時代と比べるとずいぶん短くなっています。
したがって、審査の結果が速やかにわかるようになっています。
一旦審査に不合格となったら、仕方ないので別の会社に申込書を提出するようにしましょう。
1つずつ申し込めば審査に通過したはずなのに、焦って複数の業者に一気に申し込んだがために審査に落ちてしまうと非常にもったいないので、落ち着いて申し込み先を絞り込んでから行動を始めましょう。
また、不安に駆られるあまりわざわざ高い金利の業者などに申し込んでしまわず、金利などの貸し出し条件面でも優れた会社に優先的に申し込むよう心がけてください。