キャッシング審査の基準は各会社によって様々です。こっちの金融機関はだめでも、あっちの金融機関なら大丈夫という事もあります。

最近では総量規制などもあり、各金融機関とも審査が厳しくなってきているので、通りにくくなっているのも現状です。現在の審査の通過率は大手の消費者金融で約40%前後という数字が公表されています。(そんな中、アコムに関しては審査通過率50%程度です。)また、審査の中身は、債務不覆行のリスクを避けるため、金融機関が教えてくれることはありません。審査の通らなかった理由は自分で考えるしかないのです。

▼審査通過率で選ぶならアコムがおすすめ

キャッシングの審査に通らない主な原因

1・申込書の不備

カードローンやキャッシングの書類は意外と少なく、ネットショッピングのような軽い気持ちで申し込みができるものも少なくありません。だからと言って、不正確な情報を入力する人に融資はおりません。これは一般の友人関係でも同じことが言えます。

2.ブラックリスト

実際に融資を受けていなくても、ローンの申し込みを何度も繰り返している人も、要注意人物とみなされます。どこのカードローンに申し込んだかの情報は半年間、金勇機関で共有されるため、一般的に半年間で3社以上の申し込みをした場合、申込ブラックに指定されます。その場合、4社目で審査が通る事はほとんどありません。半年間に申込をするのは3社までにしておきましょう。

3.利用者のスコア不足

申込をした時に、利用者の家族構成、勤続年数、職業などの属性に点数をつけることをスコアリングと言います。例えば、営業成績によって収入に変動のある営業よりも、転職などのリスクも少ない人事、総務の方がスコアが高いと言われています。

4.過去の信用

今は借り入れがなくても、過去に返済遅延や、多重債務などがあった場合、信用情報機関には事故情報としての記録が残りますので、そのために審査が通らない場合があります。
この事故情報は、個人信用情報機関に5年間登録されます。カードローンを提供している金融機関はまず、この個人信用情報機関を照会し、審査を実行するため審査可決の重要なポイントになります。

5.借入の総額

現在、実際に借入していなくとも、借入枠があるだけで借りる可能性の高い人と判断されます。今は、総量規制の導入で年収の3分の1までしか融資を受ける事が出来なくなっています。借入の前に、使っていないカードは解約しておきましょう。

キャッシングの審査が不安

キャッシング、カードローンは便利だけど、どうしても審査が通るかが不安です。どういった条件が審査に影響してくるのかなかなかわかりにくいですし審査に落ちた場合に理由も教えてもらえません。

安心して利用できる貸金業者の見分け方

「なんとかして明日までにお金を用意しなければいけないけど、キャッシングを利用するのには抵抗がある」という人は多いです。最近のキャッシングは「一定期間無利息」や「即日融資」など様々なサービスを行っており、誰でも気軽に利用できるようになりました。

キャッシングに申し込んだ際には必ず審査が行われますが、基本的に20歳以上で安定した収入があれば審査に通過する可能性があると言われています。そして安心してキャッシングを利用するためには利用する貸金業者の見極めが大切です。

貸金業者を営む際には国や都道府県に届け出が必要で「登録番号」が交付されます。法律で登録番号を事務所や貸金業者のホームページなど利用者が見やすい場所に掲示することが義務付けられているのです。

そして誰でも見ることができる専用のホームページでこの登録番号と貸金業者名をいつでも調べることができるので利用する前にぜひ調べ、あっていれば安心して利用できる貸金業者ということになります。(登録番号があっても稀に偽物や他の業者の番号を名乗っている所があると言われています。)

キャッシングを利用して少しでも返済に遅れるとテレビで見たような強引な取り立てがあるというイメージを持つ人も少なからずいるようですが、今では法律でこのような行為は禁止されているのでヤミ金を利用しない限りはこのような心配はありません。

だからといって返済に遅れていいのではなく、計画的に利用すればこそキャッシングは大変便利なのです。

キャッシングの即日利用と審査について

キャッシングを利用するためには必ず審査に通過しなければなりません。審査では貸したお金が確実に返ってくるかどうか、つまり返済能力があるかどうかをチェックします。返済能力は、申込内容に嘘はないか、収入は十分にあるか、信用情報に問題がないかなど、様々な項目を元に総合的に判断されます。

◯急いでお金が必要な時は?
キャッシングの中には、申し込んだその日のうちにお金を借りることができるようになるものもあります。
そうした即日融資対応のキャッシングは急な出費に困った人にとってはありがたい存在ですが、即日融資を希望している場合にはいくつか注意が必要です。
まず、すべての人が確実に即日融資可能だとは限らないということです。申し込み時間が遅かったり、審査に時間がかかってしまったり、キャッシング会社の指定するタイムリミットまでに間に合わなければ即日融資は受けられません。
また、銀行カードローンの即日融資は消費者金融のものと比べて条件が厳しいものが多いです。対応した口座を持っていなければ利用できないなど、申し込み前から即日融資不可だとわかるキャッシングも少なくありません。

確実に即日融資を受けるためには、事前の下調べと対策が必須となっているのです。

●即日融資は消費者金融がおすすめ
・審査時間が短い
銀行カードローンに比べて、消費者金融のカードローンは審査が短めです。

・営業時間が長い
銀行カードローンの審査は平日のというところもありますが、消費者金融の多くは土日や祝日でも審査を行っています。営業時間も消費者金融の方が長いため、急な借り入れに対応できる可能性が高いです。

・自動契約機が使える
大手消費者金融が設置している無人契約機では、申し込みから借り入れまでの一連の手続きをその場で行うことができます。ローンカードの受け取りもできるため、現金で融資を受けたい場合にも便利です。

・銀行口座不要
銀行カードローンの多くは、申込時にその銀行の口座を必要とします。口座の開設には時間や手間がかかるため、急ぎの場合には使いづらいです。消費者金融では口座が不要なことが多いため、口座の有無や開設の手間に左右される心配がありません。

・収入証明不要の場合が多い
消費者金融では申込時には収入証明を必要としない所が多いです。申し込み額が50万円を超えているか、他社との合計金額が100万円を超える場合は収入証明が必要となります。しかし、初回利用時に利用できる金額は収入証明が必要な金額よりも小さいことの方が多いため、殆どの場合で収入証明は不要です。

●即日融資の際の注意点
即日融資に対応している消費者金融でも、必ず即日融資が可能だとは限りません。
特に注意したいのが時間です。当日中に借りるためには早め早めの行動が重要となります。

・審査時間
インターネットを利用すれば、24時間いつでも申し込みができます。しかし、審査には人の手が関わるため、24時間いつでもというわけにはいきません。
審査の行われる時間帯はいつなのか、審査にかかる時間はどのくらいなのかをチェックする必要があります。たとえ審査にかかる時間が1時間だとしても、営業時間の30分前に申し込みをしていたらその日の内に審査結果を聞くことはできません。
当日中に審査結果を知ることができるように、営業時間に間に合うように逆算して申し込む必要があります。

・契約時間
審査通過後には、契約手続きが必要です。契約手続きには、インターネット、自動契約機、郵送などの手段があります。自動契約機を利用する場合には、自動契約機の営業時間内に審査と契約手続きを終えなければなりません。

・借り入れ時間
その日の内に契約手続きが終わっていても融資が受けられなければ意味がありません。借り入れのタイムリミットはどの借り入れ方法をとるかによって異なります。

ATMを利用する場合、無人契約機でローンカードを受け取る必要があります。受け取ったローンカードは無人契約機併設ATMのほか、コンビニATMなど提携ATMで利用可能です。この場合、無人契約機の営業時間に注意すれば問題ありません。
振込で融資を受ける場合はATM利用時よりもタイムリミットが早いです。振込の受付時間は、銀行の営業時間である14時ごろまでの設定となっている場合が多いです。

振込融資のタイムリミットや、審査の行われる時間については、明記している業者もあれば、そうでないところもあります。確実に即日融資を受けたいという場合は、所要時間の目安やタイムリミットがはっきりと書かれているカードローンを選ぶほうが安心です。

●即日融資と在籍確認

審査の最終段階では在籍確認が行われます。職場に直接電話をかけ、記入した職場に本当に勤務しているかどうかのチェックをします。
社内で行われる審査とは違い時間がかかりやすく、即日融資を希望する人にとっては最大のハードルです。

在籍確認で重要なのは、職場に電話を取れる人がいるということです。在籍していることが分かれば良いので、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。例えば「今席を外しています」「今日は休みです」などの情報が聞ければ十分です。
ただ、休日で電話に出られる人がいなければ、在籍確認はできません。
ほぼすべてのカードローンで、電話による在籍確認が行われています。休日誰も電話に出られない職場に努めている場合、休日の即日融資は困難です。

また、個人宛の電話が珍しい職場では、電話がかかってきただけで怪しまれる可能性もあります。
在籍確認では、カードローンの審査であることは明かさず、会社名も名乗りません。担当者の個人名で電話をかけるため、基本的には在籍確認でカードローンの申し込みがバレる心配はありません。

どうしても電話による在籍確認が困難だという人は、一度相談してみるのも一つの手です。消費者金融によっては、給与明細などの提出で在籍確認の代わりができるところもあります。

◯即日融資に対応しているカードローン

即日融資ができるカードローンのうち、代表的なものを2つ紹介します。

●プロミス
金利:4.5~17.8%
融資限度額:1~500万円
融資までの時間:最短1時間
即日融資:可
web申し込み:可
担保・保証人:不要

プロミスは学生やパート・アルバイトの人でも利用できます。
月々の返済額は最低で4千円からと、毎月の負担が少ないです。

30日間の無利息期間があるのも人気の理由です。プロミスの無利息期間は契約日からではなく、初回利用日からカウントがスタートするため、せっかくの無利息期間を無駄にしてしまう心配がありません。無利息期間の利用には、メールアドレスの登録と、Web明細の利用登録が必要になります。

また、借り入れや返済時に手数料がかかりにくいのが特徴です。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を利用すれば、24時間手数料無しで借り入れ・返済が行うことも可能です。

●モビット
金利:3.0~18.0%
融資限度額:1~800万円
即日融資:可
web申し込み:可
担保・保証人:不要

モビットの魅力は何と言っても周囲に利用がバレにくいということです。
Web完結による申し込みが可能で、電話連絡も郵送による契約手続きの必要もありません。ATMの利用はできなくなりますが、カードを発行しないことも可能です。郵便物もなくすことができ、周囲に知られるリスクを極力減らすことができます。
web完結の利用には、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座と、社会保険証か組合保険証が必要になります。

◯カードローンの審査では何をみている?

カードローンの申し込み条件には、年齢や職業の他に「当社基準を満たしていること」を書かれています。
この「当社基準」が具体的にどのようなものなのかは公開されていません。
「どのような条件の人であれば返済能力が十分といえるか」という情報は、カードローンを提供する側にとって重要な情報であり、他の同業他社に知られるわけにはいかないからです。

ただ、多くのカードローンでは「信用情報」と「スコアリング」が審査において重要視されていると言われています。この2点についてさらに確認してみましょう。

●信用情報とは
信用情報とは、ローン契約やクレジットカードなどお金の貸し借りに関する情報をまとめたものです。
現在の借り入れ情報だけでなく、過去の借り入れ・返済に関する情報も載っています。信用情報を見ればその人が過去にそんなローン契約をしてきたのかわかるようになっています。
信用情報に載せられた情報は、一定期間で削除される仕組みになっています。削除までの期間は内容によって異なります。もし何かしらのトラブルがあっても時間が経てば消えるため、一度信用情報に傷がついたからといって一生審査に通らないとはなりません。
日本には独立した3つの信用情報機関があり、銀行や消費者金融などの金融機関はこれらに加盟し、必要に応じて信用情報の照会を行っています。

カードローンの審査に落ちる原因の多くが、この信用情報に問題があることに起因しています。

●信用情報に書かれていること
・本人識別
氏名や生年月日、性別、年齢、住所、年齢、勤務先と行った個人を区別するための情報です。
本人識別以外の情報が残っている限り、この情報も信用情報に残されます。

・申込情報
ローンの申し込みをした情報です。これは審査に通っても通らなくても記録されます。
この情報は、申し込み後6ヶ月で消えます。

・契約情報
ローンの契約書にかかれているのと同じ内容がこちらにも記録されます。契約日や限度額、返済回数などと言った情報です。
返済を完了しても契約が続いている限り、契約情報はそのまま保持されます。契約情報を消すためには、解約手続きの必要があります。
契約情報は、解約から5年間の間保持されます。

・取引情報
借金の返済や残高、完済日などの情報です。返済に遅れがあった場合の情報もここに含まれます。
契約終了から5年間残されます。

・異動情報
金融事故の情報です。3ヶ月以上の延滞、強制解約、代位弁済、債務整理などがあたります。
異動情報は他の信用情報機関の間で共有され、いわゆるブラックリスト入りと呼ばれる状態になります。
異動情報は記録されてから5年で削除されます。

・照会情報
信用情報の照会を行った記録です。紹介を行った金融機関、日付、目的が記録されます。
紹介後6ヶ月間は、照会情報が残ります。

異動情報のある場合、審査に通るのは非常に難しくなります。異動情報に記載されるのはトラブルの情報だけだからです。
また、申込情報や照会情報が記録されることについても注意が必要です。短期間にいくつもカードローンの申し込みをすると、その記録が残ることになります。信用情報を照会してカードローンの申し込みを繰り返していることがわかれば、繰り返し審査に落ちているか、お金の不足しやすい状況であるとみなされ、さらに審査に落ちやすくなってしまう可能性があります。
信用情報に余計な情報を残さないためには、無闇矢鱈に申し込みをしないことが重要です。

●スコアリングと属性
信用情報の他に審査で重視されるのが属性です。
属性別に点数をつけ、その合計点で返済能力を判断します。

属性は、年齢や職業、年収や結婚の有無など、申し込み時に入力した情報が主です。
スコアリングの目的の一つは、総合的な判断をすることで利用者の幅を広げることです。多少収入が少なくても、他の属性で十分な評価が得られれば融資を受けることができます。反対に、少し収入が多くても、他の点数が足りなければ、審査に落ちてしまう可能性があります。

●代表的な属性と評価
・年齢
20代から30代が最も評価が高いです。収入も安定し、これから返済していける見込みも高いためです。反対に、60歳以上や、20代前半の場合は評価が低くなります。

・職業
具体的な職業によって変動はありますが、最も評価が高いのは士業、続いて大企業勤務、中小企業勤務と続きます。アルバイトやパートの場合は最も低くなります。また、本人に収入のない場合、消費者金融では借り入れを行うことはできません。
自営業がこの中でどこに位置しているかは、場合によって様々ですが、中小企業以下パート・アルバイト以上と評価されることが多いです。

収入の多さも重要ではありますが、それと同じかそれ以上重視されるのが安定性です。カードローンの返済は長期に渡ることが多く、安定した返済能力が求められるためです。

・勤続年数
最低でも半年以上、できれば1年以上の勤続年数が必要です。5年以上であれば評価は高くなります。
収入の安定性を測るための目安で、長ければ長いほど良いです。

●申込時の注意点
当たり前のことと思われるかもしれませんが、申し込みの際は正確な情報を入力するよう心がけましょう。入力情報に誤りのある場合、確認などで時間がかかるだけでなく、審査の結果にも影響するためです。

スコアリングは主に入力情報によって行われます。入力情報に間違いがあれば、正しい審査が行なえません。また、申込者の情報は提出書類や信用情報との照らし合わせも行われるため、嘘の情報を入力してもすぐに分かってしまいます。
また、誤りが故意であろうとなかろうと、審査を有利にするための嘘だと捉えられてしまった場合、それだけで審査で不利になる可能性もあります。

また、インターネットからの申し込みの場合はメールアドレスの受信設定も確認しておきましょう。審査の結果などは電話やメールで知らされますが、メールが受け取れないとそこで進行が止まってしまいます。
各消費者金融でそれぞれのドメインが公開されています。必要なメールをしっかり受信できるように、迷惑メールなどの設定をチェックしておきましょう。

ドメインの一例
プロミス:promise.co.jp
アコム:online-a.com、cc.online-a.com
モビット:mobit.ne.jp、mobit.co.jp、mobit.jp、035000.com

●他社からの借り入れについては正確に伝える
申し込み時にもう一つ気をつけるべきなのは、他社からの借り入れ状況についてです。

現在他の金融機関からどのぐらいの金額を借りているかについては、正確に記入しなければなりません。
これは、消費者金融は法律によって融資できる上限金額が決められているからです。これは総量規制というルールで、総量規制の対象となる業者は、利用者の年収の3分の1までの金額しか融資することができません。融資の上限は金融機関ごとではなく、利用者の総借入額によって決まります。
今他の金融機関からどのぐらい借りているのかが分からなければ、いくらまでなら貸しても法律的に問題がないのかが分かりません。
当然、現在の借入金額は信用情報を紹介すれば分かります。しかし、他社からの借入金額を少なく申告した場合、審査を通過するために嘘をついたと捉えられてしまう可能性があります。
無駄に審査のハードルをあげないためにも、借り入れ状況についても正確に入力しましょう。

▼審査通過率で選ぶならアコムがおすすめ