キャッシング審査の基準は各会社によって様々です。こっちの金融機関はだめでも、あっちの金融機関なら大丈夫という事もあります。

最近では総量規制などもあり、各金融機関とも審査が厳しくなってきているので、通りにくくなっているのも現状です。現在の審査の通過率は大手の消費者金融で約40%前後という数字が公表されています。(そんな中、アコムに関しては審査通過率50%程度です。)また、審査の中身は、債務不覆行のリスクを避けるため、金融機関が教えてくれることはありません。審査の通らなかった理由は自分で考えるしかないのです。

>>アコム公式サイトを見てみる

キャッシングの審査に通らない主な原因

1・申込書の不備

カードローンやキャッシングの書類は意外と少なく、ネットショッピングのような軽い気持ちで申し込みができるものも少なくありません。だからと言って、不正確な情報を入力する人に融資はおりません。これは一般の友人関係でも同じことが言えます。

2.ブラックリスト

実際に融資を受けていなくても、ローンの申し込みを何度も繰り返している人も、要注意人物とみなされます。どこのカードローンに申し込んだかの情報は半年間、金勇機関で共有されるため、一般的に半年間で3社以上の申し込みをした場合、申込ブラックに指定されます。その場合、4社目で審査が通る事はほとんどありません。半年間に申込をするのは3社までにしておきましょう。

3.利用者のスコア不足

申込をした時に、利用者の家族構成、勤続年数、職業などの属性に点数をつけることをスコアリングと言います。例えば、営業成績によって収入に変動のある営業よりも、転職などのリスクも少ない人事、総務の方がスコアが高いと言われています。

4.過去の信用

今は借り入れがなくても、過去に返済遅延や、多重債務などがあった場合、信用情報機関には事故情報としての記録が残りますので、そのために審査が通らない場合があります。
この事故情報は、個人信用情報機関に5年間登録されます。カードローンを提供している金融機関はまず、この個人信用情報機関を照会し、審査を実行するため審査可決の重要なポイントになります。

5.借入の総額

現在、実際に借入していなくとも、借入枠があるだけで借りる可能性の高い人と判断されます。今は、総量規制の導入で年収の3分の1までしか融資を受ける事が出来なくなっています。借入の前に、使っていないカードは解約しておきましょう。

キャッシングの審査が不安

キャッシング、カードローンは便利だけど、どうしても審査が通るかが不安です。どういった条件が審査に影響してくるのかなかなかわかりにくいですし審査に落ちた場合に理由も教えてもらえません。

安心して利用できる貸金業者の見分け方

「なんとかして明日までにお金を用意しなければいけないけど、キャッシングを利用するのには抵抗がある」という人は多いです。最近のキャッシングは「一定期間無利息」や「即日融資」など様々なサービスを行っており、誰でも気軽に利用できるようになりました。

キャッシングに申し込んだ際には必ず審査が行われますが、基本的に20歳以上で安定した収入があれば審査に通過する可能性があると言われています。そして安心してキャッシングを利用するためには利用する貸金業者の見極めが大切です。

貸金業者を営む際には国や都道府県に届け出が必要で「登録番号」が交付されます。法律で登録番号を事務所や貸金業者のホームページなど利用者が見やすい場所に掲示することが義務付けられているのです。

そして誰でも見ることができる専用のホームページでこの登録番号と貸金業者名をいつでも調べることができるので利用する前にぜひ調べ、あっていれば安心して利用できる貸金業者ということになります。(登録番号があっても稀に偽物や他の業者の番号を名乗っている所があると言われています。)

キャッシングを利用して少しでも返済に遅れるとテレビで見たような強引な取り立てがあるというイメージを持つ人も少なからずいるようですが、今では法律でこのような行為は禁止されているのでヤミ金を利用しない限りはこのような心配はありません。

だからといって返済に遅れていいのではなく、計画的に利用すればこそキャッシングは大変便利なのです。

▼審査通過率で選ぶならアコムがおすすめ